YONLOG別館

アラフィフのリアルライフ 独り言、雑記ブログです

オシャレは足元から~自分の足のサイズを知ること①


皆さん、こんにちは!

今日は靴と足のお話しです。

じつは私は「幅狭足」です。

足の幅って何??っていう方、きっと多いはず。

私も気にするまで知りませんでした。

何を履いても靴擦れする、ヒールのある靴を履くと前滑りしてつま先が痛い、という方はもしかしたら靴と足の幅があっていないかもしれません。

私の体験から「幅狭足」と判明するまでの記録です。

 

 正しい足のサイズを知ることが大事

 何かおかしい…靴が合わないのは私の足が原因??

 私は昔からハイヒールが好きでした。

ハイヒールといっても3~7㎝位のミディアムヒールで疲れないもの。

でも買った時は良かったのにいざ履いて出かけると数分で痛みでダウン。

サンダルなんかは前滑りしてつま先が地面につく…。

なんとか履こうと靴の中敷きなどのアイテムはたくさん買いました。

10足買ってもそのうち1,2足しか履けず、だんだんとフラット靴に移行していきました。

そして思いました「私の足が変なのかも?」

 

初めての足の計測

その頃京都に住んでいて、デパートの靴売り場で足の計測のサービスをしてくれることを知りました。

その時に測ってもらった結果がコレです。

とても簡単な計測で板の上に乗ってメジャーで測ってもらいました。

その頃まで私が靴を買うサイズは「23㎝」でした。

ところが実際は「22.5㎝」だったのです。

しかも幅「C」??

「C」なんて売場でみたことがありません。

大体「E」とか「EEE」とかって書いてありますよね。

測ってくれた方いわく「お客様はインポートの靴が合いますね」…( ゚Д゚)ポカーン

それからしばらくはフラット靴しか履いていません。

でもその頃に買った憧れの「マノロブラニク」のハイヒールは今でも履ける靴なのでした。

 

2回目の計測

ちょうどスニーカーブームがやってきました。

スニーカーなどの紐靴は調整がきくので割となんでもOKでしたが、それでも厚めの中敷きを入れるなどの工夫をしていました。

そして「やっぱりヒールのある靴を履きたい!」っていう想いがずーっとあって、その頃現在の住まいに引っ越してきたのをきっかけに、またデパートで計測をしてもらいました。

その時の結果がコレ。

初の機械での計測です。

この時のサイズは「22.5㎝」幅「D」です。

店員さんいわく「ここの靴売り場の国産靴はすべて大きいと思います。インポートコーナーかコールハーンがいいと思います。」とのこと。

その日に「コールハーン」で靴を試着したら「お!何このフィット感!」って思いました。

コールハーンはサイズに「B」と書いてありますが、これはアメリカでのサイズ表記で、日本では「D」にあたります。

 

じつはこれもゆるいのだということに後にきづくことになります。

でも他の国産靴の履き心地とはぜんぜん違う、足が包まれている感じを感じることができました。

 

3回目の計測

その頃の私は「幅狭足」のことをネットで調べていました。

どこのブランドの靴の幅が狭いのか?

中敷きは何がおすすめか?

そんな中「シューフィット神戸屋」さんのホームページにたどりつきました。

靴の中敷きオーダーメイド専門店で、足の幅が狭い方が大勢こちらで計測してもらっているではありませんか!

そして私も予約をしてみました。

たしか一ヶ月以上待ったと思います。

 

そこからのお話しは②へ続きます。

さて、私の足のサイズはどうだったのか???

また来週続きを書きますね!!

お楽しみに~♪

 

---------------------------------------------------

つづきになっちゃったのでおまけ

実家のおじいちゃん犬「ヤマト」です。

ロングコートチワワはおじいちゃんになっても可愛いです。